在宅・リモートワーク成功の7つの鍵 Vol.5

管理職・マネジメント編

ワークシフト研究所
代表取締役社長 小早川

前回は 4. 雑談の使い方  についてお伝えしました。

今回は 5. ボトムアップを歓迎する についてご紹介します。

5. ボトムアップを歓迎する

在宅・リモートワークの長所であり短所は、「空気」が伝わらない、ことです。

例えば、上司が最善の意思決定をしたつもりでも、チームメンバーは別の情報を持っているためにその意思決定に怪訝な反応を示した、という経験はないでしょうか。オフィスで皆の前で発言した際に、その場の雰囲気が少し変わったり、皆の表情が変わった場合、上司はこの発言には必要な情報が抜けていたのかも?と考えたり、その場でチームメンバーに確認したりするはずです。

しかしながら在宅・リモートワークではオフィスで感じることができる微妙な変化に気づかなくなります。
つまり、リーダーはチームメンバーが持っている小さな、でも重要な情報を得る機会が圧倒的に少なくなるわけです。
オンライン会議などでのやりとりは、文字でのコミュニケーションよりは微妙な変化を敏感に察知できますが、それでもオフィスで皆が顔をあわせる時と同レベルで察知することはできません。

現場の意見は重要ですし、意思決定には必要な情報です。
一方で、チームメンバーは上司がどんな情報が意思決定には必要か、はわかるとは限りません。
上司にとっては最重要だとしてもチームメンバーにとっては多くの情報の一つであることも(当然その逆も)あるわけです。

いずれにしても、オフィスワークの時ほど、細かな情報は上司のもとに届きにくい状況でありますから、上司は常に、どんな些細な情報でもチームメンバーの意見は大事であり、常に歓迎する、と表明することが重要になります。

——–
次回は 6. 文字によるコミュニケーション上の注意点 をご紹介します。

在宅・リモートワーク成功の7つの鍵 管理職・マネジメント編  

  1. 役割分担、仕事の切り分け
  2. 説明力+相手の理解力を確認する力
  3. いつもより多めのホウレンソウを
  4. 雑談の使い方
  5. ボトムアップを歓迎する
  6. 文字によるコミュニケーション上の注意点
  7. 誤解が生産性を低くする

<株式会社ワークシフト研究所とは>
『Work Shift Institute』は、 実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門とする研究機関です。「ビジネス×アカデミア」の叡智の交流を促進させ、限られた時間で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)レンタルスペース(ク)登記・住所利用(ケ)その他