在宅・リモートワーク成功の7つの鍵 Vol.4

管理職・マネジメント編

ワークシフト研究所
代表取締役社長 小早川

前回は 3. いつもより多めのホウレンソウを についてお伝えしました。

今回は 4. 雑談の使い方 についてご紹介します。

4. 雑談の使い方

在宅・リモートワークとオフィスワークの一番の違いは何と言っても雑談の有無です。
雑談はチームメンバーの信頼関係を高める、業務の方向性や解釈を修正できる、リフレッシュになる、帰属意識を育てる、など様々なメリットがあります。

特に、雑談を通じて信頼関係を高めるタイプの人には、ほとんど雑談のない在宅・リモートワークはストレスであり、雑談の不足は信頼関係の欠如、上司への不信感へと繋がっていきます。よく顔を合わせる人に好意を抱きやすいのは人間の特徴ではありますが、その傾向が強い人と弱い人がいるわけです。

雑談不足がストレスになる部下であれば、雑談時間を作ることが重要になるわけです。
オフィスワークと違って突然雑談が始まる、偶然が重なって雑談が起きる、ということは在宅・リモートワークではほとんどありません。

よって、雑談時間をあらかじめ設定することをお勧めします。業務の確認時間を定期的に取り、その時に雑談時間を追加することも良いでしょう。雑談によって信頼関係構築が影響を受けないタイプの上司にとっては苦痛であるかもしれませんが、その雑談によってチームメンバーの生産性が上がるのであれば、決して悪くない時間投資であると思います。

雑談が信頼関係に影響しない部下もいますので、その辺りはチームメンバーのタイプを観察して欲しいと思います。
タイプを知るために、ストレートに「雑談したい派ですか?」と聞くのは意味がありません。人間はそれほど自分自身を理解していませんし、自分の理想像を答える場合もあります。雑談が必要な部下か不要な部下か、は少し時間をかけて観察することをお勧めします。

雑談のためのツールは様々なものがあります。Facebook, Slack, LINE が代表的なものでしょう。同じチームメンバーであれば、これらを利用することも良いと思いますが、上司と部下という間柄の場合は、関係が近くなりすぎることで別の問題を生むことも多いので、コミュニケーションツールは絞る方が良いと思います。雑談を機能に頼ることより運用で実践することをお勧めします。

——–
次回は 5. ボトムアップを歓迎する をご紹介します。

在宅・リモートワーク成功の7つの鍵 管理職・マネジメント編  

  1. 役割分担、仕事の切り分け
  2. 説明力+相手の理解力を確認する力
  3. いつもより多めのホウレンソウを
  4. 雑談の使い方
  5. ボトムアップを歓迎する
  6. 文字によるコミュニケーション上の注意点
  7. 誤解が生産性を低くする

<株式会社ワークシフト研究所とは>
『Work Shift Institute』は、 実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門とする研究機関です。「ビジネス×アカデミア」の叡智の交流を促進させ、限られた時間で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)レンタルスペース(ク)登記・住所利用(ケ)その他