ワークシフト研究所 国保所長:内閣府 男女共同参画推進連携会議での活動について

各業界の男女共同参画についてのアンケート調査結果と職場のセルフチェックシート(試作版)のご紹介

ワークシフト研究所 国保祥子所長が、内閣府男女共同参画推進連携会議「経済分野における女性の活躍促進」チームメンバーとして協力いたしております。
この度、チームで各業界の男女共同参画についてのアンケート調査を実施、アンケートの項目を参考に職場でできる「職場のセルフチェックシート(試作版)」を作成したものが公開されました。

国保も「今後に向けての提言」としてコメントを寄せております。(アンケート結果PDFより抜粋)

国保祥子議員 静岡県立大学経営情報学部 准教授

調査手法に関する課題が多少残されはするものの、まずは業界ごとの状況を可視化する状況を作ったことが本調査が成し遂げた大きな貢献であると思います。業界ごとに比較することで、どの業界に改善が必要なのかが明白になりました。業界や企業の内部の方とお話ししていると、客観的な印象とは異なった状況把握をされている方も少なくなく、そうした認知のズレやバイアスに一石を投じる存在に本調査がなればと思います。
経営層の皆さまは是非セルフチェックツールとして、従業員の皆さまは社員からみた印象を会社に伝えるコミュニケーションツールとして、広く利用いただくことを願っています。

この「職場のジェンダーギャップチェックシート」は、内閣府ホームページからPDFでダウンロード出来るようになっておりますので、是非貴社でもご活用ください。

内閣府男女共同参画局サイト
各業界の男女共同参画についてのアンケート調査結果と職場のセルフチェックシート(試作版)

<株式会社ワークシフト研究所とは>
株式会社ワークシフト研究所(代表取締役:小早川優子、所在地:東京都港区、以下ワークシフト研究所、https://workshift.co.jp/)は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。育休中の女性を対象とした「プチMBA」の参加者は、累計10,000名を超えました。

実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門としており、「ビジネス×アカデミア」の交流を促進し、限られた時間の中で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)採用・求人(サ)その他