株式会社リクルート 保活総研 定例会にて 弊社所長の国保が登壇

2021年4月、株式会社リクルート主催の保活総研 第2回 定例会(オンライン)の基調講演にて、ワークシフト研究所 所長 国保が 登壇しました。

 保活総研は「ライフステージが変化しても、希望通りの働き方ができる」という未来のアタリマエに向かって、保育園入園活動に関するこれからのありかたを企業横断で考えていく場として創設され、4月の定例会には、大手企業10社の人事やダイバーシティ推進担当者等が参加されました。

今回いただいたご依頼は
・復職後の女性従業員の課題や企業の課題を定量データで説明
・コロナ禍によりリモート業務も推進される中、企業が推進していくべき施策・支援
について示唆頂きたいとのことでした。

国保は「女性活躍支援~人事としての復職後のモチベーション維持・キャリア支援について~」と題し講演をいたしました。

【講演内容】
①意欲のジェンダー差
②多様性の管理とは
③コロナ禍がもたらした変化
④時間制約下での人材育成

国保祥子:講演資料『女性活躍支援~人事としての復職後のモチベーション維持・キャリア支援について~』から


参加企業様からは
『改めての学びがあった』、『自社の施策に活かせそう』と好評を得ました。


講演を受けての情報交換では
大手企業では、業界が異なっていても女性が育休取得後に復職という流れは当たり前となっていること、今後は男性の育児休業取得の推進や、すでに整いつつある制度の運用面や社内風土の変革という次の段階に突入していること等が情報共有されていました。


――――――――――――――――

ワークシフト研究所では、管理職向け、女性管理職育成など各種研修、人材育成コンサルティングをオンラインで実施可能です。どうぞお気軽にお問合せください。

<株式会社ワークシフト研究所とは>
株式会社ワークシフト研究所(代表取締役:小早川優子、所在地:東京都港区、以下ワークシフト研究所、https://workshift.co.jp/)は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。主に働く女性を対象とした「プチMBA」の参加者は、累計10,000名を超えました。

実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門としており、「ビジネス×アカデミア」の交流を促進し、限られた時間の中で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)採用・求人(サ)その他