株式会社リクルート オンライン研修にて 弊社代表の小早川が登壇

2021年3月、昨年に引き続き、株式会社リクルート オンライン研修:若手のうちから考えたい「戦略的キャリアの作り方」にて
ワークシフト研究所 代表取締役社長 小早川が 登壇しました。

20代、30代を中心に、社員約200名が参加。

キャリアを受け身でなく自分から積極的に捉え、構築し、実践するスキルを獲得することをゴールに、オンラインで研修を実施。期末に控えた上司との振り返り面談などを見据えて、何を考えどう準備するかについて、これからリーダーを担う方々に考えていただきました。

【前半】
「戦略的」に考えること、「キャリア」とは何か、をレクチャーし、ご自身のキャリアを「戦略的に」考え、計画していただきました。

【後半】
キャリアを構築するにあたって、上司をどう巻き込むか、上司に味方になってもらうために必要な視点は何か、を考えていただきました。100年人生を前提とした長期的キャリアの視点も盛り込んだレクチャーをいたしました。

若手のうちから考えたい「戦略的キャリアの作り方」 資料から抜粋

今回は、参加者全員がオンラインで参加されました。
チャットによって意見交換、質疑応答も行ったことで、多様な意見や疑問が可視化され、参加者同士が相互に会話しながら学び合う時間になりました。
参加後アンケート「講座に参加して、課題改善のきっかけやヒントを得ることができましたか」では「得ることができた」方が100%となり、有意義な研修となったとのことでした。

<株式会社ワークシフト研究所とは>
株式会社ワークシフト研究所(代表取締役:小早川優子、所在地:東京都港区、以下ワークシフト研究所、https://workshift.co.jp/)は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。育休中の女性を対象とした「プチMBA」の参加者は、累計10,000名を超えました。

実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門としており、「ビジネス×アカデミア」の交流を促進し、限られた時間の中で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)採用・求人(サ)その他