国保研究室から:協力依頼「組織で働く人の意識調査について」

弊社研究所長を務めます国保の研究に関するご案内

本調査は、国保祥子(静岡県立大学 准教授)と正木郁太郎(東京大学 研究員)が共同で行う、組織(企業や公共機関など)で働く人の様々な意欲の促進・抑制要因を知るための学術研究の一環です。

研究結果は、皆様の人材育成の参考にしていただけるように還元されますので、調査にご協力頂ける方を広く募っております。

詳細は以下サイトでご確認ください。

国保研究室ウェブサイト:http://akiko-kokubo.com/research2021

【対象者】

この調査は「何らかの組織で働いている方」であれば、どなたでもご回答いただけます。

アンケートはこちら