慶應義塾大学総合政策学部の入試にて国保執筆のケースが出題

2021年2月17日実施された慶應義塾大学総合政策学部の入学試験にて、弊社研究所長 国保祥子執筆のケースが出題されました。

出典は慶應SFCの起業家たち宮地 恵美 ・飯盛 義徳 編著 慶應義塾大学出版会 2013年

慶應SFCの起業家たち』表紙


本著はベンチャ企業、社会起業家を多数送り出している慶應SFC(湘南藤沢キャンパス)独自の人材育成システムについて、数多くのSFC出身起業家のなかから8人を選びケーススタディ形式で紹介しており、
国保は 第2部 社会を変える 「認定NPO法人フローレンス/駒崎弘樹」 を執筆。
駒崎氏が「病児保育」や「待機児童問題」という社会課題をいかに捉え、行政を巻き込みつつどのように事業として展開していったのか、経緯が描かれています。

参考:読売新聞社 2021年度大学入試問題と回答例

<株式会社ワークシフト研究所とは>
株式会社ワークシフト研究所(代表取締役:小早川優子、所在地:東京都港区、以下ワークシフト研究所、https://workshift.co.jp/)は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。主に働く女性を対象とした「プチMBA」の参加者は、累計10,000名を超えました。

実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門としており、「ビジネス×アカデミア」の交流を促進し、限られた時間の中で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)採用・求人(サ)その他