育休を「キャリア自律」のチャンスに

スムースな復職・両立生活を乗り越える「育休プチMBA®」オンライン3回特別講座

育休プチMBA®は
育休を利用して、「スムーズな復職・両立生活の壁を乗り越えるために必要な思考方法を学べる」プログラムです。

これまで多くのメディアに取り上げられ、すでに延べ3500名以上の育休者が参加しています。

勉強会の内容や知見を元に、企業様ごとのお申込みをいただける特別な3回連続コースを企画いたしました。

育休プチMBAの創設者、国保祥子(経営学博士/静岡県立大学)が登壇いたします。

3回以上受講いただくことで「意識変革」、そして「自分で考えて行動できる行動変容」の効果が期待できます。

使用するケースは、最も思考のトレーニングの効率の良いものを選びプログラミングしておりますので
単発でも受講いただけますが、是非3回参加ください。

オンライン研修で、全国どこからでも参加OK!会場受講と同様の学習効果が得られます。
御社の産休・育児休業中、または復職後の社員様のご参加をお待ちしております。

※12/1から個人参加の募集も予定しております。(参加費:1回5,000円)

《学習内容》
この勉強会では、必要な実践力を以下の3つに定義し、これらの力をビジネス・スクール(経営大学院)等で活用されている
ケースメソッド教育によって習得することを目指しています。


1)マネージャー思考
2)リーダーシップの構造作り軸
3)両立上の「壁」を乗り越える力


【プログラム特徴】

赤ちゃん連れでも安心の環境で、
子どもを持つことで労働時間や場所に制約を抱えることとなった方が
組織で活躍するために必要なマネジメント思考をケースメソッドで学びます。

参加した方々からは、
「MBAと聞くと敷居が高く感じたが、
赤ちゃんがいても、オンラインに慣れていなくても安心して自分の勉強に注力できた。」
といったフィードバックをいただいています。

勉強会終了後にはランチ交流会。
仕事のこと、育児のこと、両立の工夫など、
仕事に&子育てに頑張っている仲間との「異業種交流」は他ではなかなかできません!
とくにコロナ渦で、外出がままならず不安が増大し育児ノイローゼになりやすいと言われています。

御社の健康経営の取組みとしても活用ください!


オンラインでも会場受講と同様、ディスカッションを通じて楽しく学べます!
◆1回目:1/26(火) 『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美
 視座:上司
 学習内容:働き方に悩む優美と配慮をする上司の溝を通してクリティカル・シンキングとマネジメント思考を鍛える

◆2回目:2/18(木) 『復職して3ヶ月の井田美咲』
 視座:他部署
 学習内容:両立上の「壁」に備え、他者との連携、日常のコミュニケーション、働き方を考える

◆3回目:3/17(水)『岡村課長と定時後クレーム』
 視座:取引先
 学習内容:上司、同僚、顧客の視点を捉え自身の役割、業務を考える


当日の流れ(目安)

 9:45-     オンライン教室へ入出OK
 10:00-12:00 育休プチMBA勉強会
 12:00-13:00 質疑応答・交流会

質疑応答・交流会はランチを食べながらご参加いただけます。

《定員》40名

《参加対象》
・育休後復職経験者の方で現在も就労中の方
・総合職・リーダー候補者・評価される仕事をしたい人・働き続けたい人
・産育休中の父母(但し女性は産後の1ヶ月検診を受診後、順調に回復している方)
・産育休取得予定の妊婦
・育休プチMBAのビジョンに共感いただける方
※育休プチMBA勉強会のビジョン:“子どもを持ちながら働く”ことが当たり前だと捉える個人や企業が増える
※育休プチMBAは育休を経て組織に戻る人に向けたコンテンツとなっております。

《講師》

国保祥子 (Dr. Akiko Kokubo)
株式会社ワークシフト研究所 所長/育休プチMBA(R)代表
博士(経営学)。静岡県立大学経営情報学部准教授/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師/早稲田大学WBS研究センター招聘研究員。厚生労働省イクメンプロジェクト推進委員(2017年-)/内閣府男女共同参画推進連携会議議員(2019年-)
専門は組織論、組織行動論、人的資源管理論。Learning Communityを使った意識変革や行動変容を得意分野とする。著書に『働く女子のキャリア格差』(ちくま新書)、『人材開発研究大全』第20章女性管理職の育成(東京大学出版会)等。




《参加費》

法人:1名 33,000円/3回セット (11,000円/1回)税込み 
1回でも参加いただけますが、学習効果がでるのは3回からですので、セット受講をお勧めします。

・複数名、請求書払い:担当(info@workshift.co.jp)にご連絡ください 
・クレジットカード/PayPal:Peatixで1席ずつチケットをご購入ください。
 @peatix.com および @workshift.co.jpからのメールを受信できるよう設定してください。

《お申込み・キャンセルについて》

・お申込みアドレス宛(info@workshift.co.jp)にご連絡ください。
・基本的にキャンセルは承れません。参加者の変更は可能ですので、開催前までにご連絡をお願いいたします。


———————————————————————
【育休プチMBA®について】
詳しい情報はこちらのページをご確認ください
——————————————————————―

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)その他

    <株式会社ワークシフト研究所とは>
    『Work Shift Institute』は、 実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門とする研究機関です。「ビジネス×アカデミア」の叡智の交流を促進させ、限られた時間で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。
    優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。