創立4周年のご挨拶

ワークシフト研究所は2019年12月21日をもちまして、創立4周年を迎えました

皆様のお力添えのおかげで、無事4周年を迎えることができました。
弊社を支えてくださった皆様に心から感謝を申し上げます。

以下、2019年の実績をご報告申し上げます。

◇法人向けサービス
 ・経営者のコーチング、内閣官房からの国家公務員向け研修のほか、官公庁・地方自治体、銀行や証券会社、外資系製薬会社さま等からご依頼の研修を受託

◇個人向け研修
・参加者 年間1500名 (サービス開始以来 のべ7765 名: 2019年12月末時点 )

多くの法人様が
「女性の能力開発」、また「健康経営」や「働き方改革」を経営戦略に必須と捉え、
経営層や管理職も含め、組織一丸となって変わろうと懸命に取り組まれていること、
一方で、
個人としても、人生100年時代に学び続けること、とりわけ知識の習得よりも思考力を高めることの重要性を感じ、学ぶ機会を切望されておられることも実感いたしております。

◇人材紹介サービス
 11/1から「ヘッドハンティング型」の人材紹介サービスを開始したばかりでございますが、すでに多数の優秀な方が求職者としてエントリーいただいております。

2020年度は、より洗練されたワークシフト・メソッドを用いて、不確かな時代を生き抜くための学びを提供すると共に、限られた時間の中で、最大限に能力を発揮する個人と組織づくりを目指す皆様の支援を続けていく所存です。

今後とも、ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ワークシフト研究所
代表取締役社長
小早川優子

<株式会社ワークシフト研究所とは>
『Work Shift Institute』は、 実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門とする研究機関です。「ビジネス×アカデミア」の叡智の交流を促進させ、限られた時間で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)レンタルスペース(ク)登記・住所利用(ケ)その他