『経営センサー』7・8月号 に代表 小早川の執筆記事掲載

株式会社東レ経営研究所の経営情報誌『経営センサー』経営センサー7・8月号 2019 No.214
ワークシフト研究所 代表取締役社長の小早川が執筆した記事が掲載されました。

小早川の記事はヒューマン・ディベロップメントの項目に掲載。
タイトル: 女性管理職育成の要件 

学説と、7,000名以上の管理職および管理職候補の女性に対して研修を行ったワークシフト研究所の実績に基づいて、
女性管理職育成に関する以下のポイントについて解説いたしました。

 多くの女性は、「意欲が低い」のではなく「自信がない」
 代表的な「女性活躍のための施策」は、逆効果なことが多い
 「女性」でなく「マイノリティ」として対策が、今後の組織変革に有効である
 制度はすでに整っている。意識変革こそ最大の関門である
 女性管理職育成は、日本経済の活性化のためにも重要である


<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とした ワークシフト・メソッドを用い 、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)を提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)女性管理職育成(ウ)生産性向上(エ)働き方改革(オ)意識改革(カ)介護・育児離職(キ)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)社内研修(ウ)女性管理職育成プログラム(エ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(オ)講演(カ)その他


ダイバーシティ=女性活躍 ではないこと、
女性活躍は女性ではなく、「男性の意識変革が肝要」であることをご説明いたしました。