大手食品企業 女性営業職向け リーダーシップ研修で登壇

2019年4月 某大手食品企業で行われた、営業職の女性向けリーダーシップ研修にて
弊社代表の小早川が登壇いたしました。

営業職の女性のキャリアは、多くの組織で課題となっています。
長時間労働になりやすい、男性主体の文化である、それゆえにロールモデルも少なく、ロールモデルが少ない故に女性が働き続けるためのノウハウも堪らない、という連鎖になっている組織も多いことと思います。

一方で、別の視点から見ると
営業職は、成果がわかりやすく、個人の力量によって時間のコントロールもしやすいため、様々なライフイベントを乗り越えながら働き続けたい女性には適したキャリアコースでもあるのです。

今回は営業職リーダー候補の女性社員に、営業力を向上させるためのスキルアップ研修として「ウィンウィン交渉学」をレクチャーとロールプレイングで学んでいただき、
結びに、女性のキャリアの壁を乗り越える視点を獲得していただきました。

「プログラム内容」
ウィンウィン交渉とは何か
ウィンウィン交渉の実践(ロールプレイング)
女性リーダー特有の壁を乗り越えるために

<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とした ワークシフト・メソッドを用い 、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)を提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)女性管理職育成(ウ)生産性向上(エ)働き方改革(オ)意識改革(カ)介護・育児離職(キ)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)社内研修(ウ)女性管理職育成プログラム(エ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(オ)講演(カ)その他