所長 国保、イクメンプロジェクト推進委員拝命

ワークシフト研究所 所長 国保が、今年度もイクメンプロジェクトの推進委員を拝命しました。3年目になります。

このプロジェクト、経営学者としては「イクボス」の審査が非常に勉強になります。男性育休をはじめとする男性の働きやすさと事業成長の両立、硬直化した組織の変革手法などなど、経営者・人事関係者はぜひ「企業・イクボス取組事例紹介」をご覧ください。

またこれから就職する学生たちは、ここに載っている企業や取り組みをぜひ参考するといいと思います。自分が目指している業界の受賞企業の取り組みからは、その業界の特性や抱える課題が透けてみえると思います。

なお男性育休が増えると、育児経験は業務にも活かせるのだという発想が広がると思います。(国保)



イクメンプロジェクトサイト:https://ikumen-project.mhlw.go.jp/

<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とした ワークシフト・メソッドを用い 、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)その他