WSIプチMBAについて

限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮するための、「意識変革」を実現させるクラスです。ディスカッションを通じて、経営学の専門知識の獲得と思考の訓練を行います。
下記プログラム構成について(PDF版)のダウンロードはこちら

  1. ケースメソッドで学ぶ
    ケースメソッドとは、職場で起こりうるトラブルなどの事例が描かれたケース教材を使って、疑似的に「経験」することで意思決定力を鍛えるビジネスパーソン向きの思考トレーニングです。既存の知識や経験が通用しないタフな環境での経験が成長につながります。
  2. ディスカッションと理論レクチャーがセット
    ケース・ディスカッションによる実務の疑似経験と理論のレクチャーを同時に学ぶことで、理論を「わかる」だけではなく、「使える」ようになります。
  3. クラスはすべて「経営学」
    「経営学」は、経営者や管理職だけでなく、働くすべての人に有効な学問です。経営学を学ぶことは、日々の職場での問題解決能力やコミュニケーション能力の向上につながり、人間関係も改善されます。また働きながら子育てをする人にとっては、家庭の運営はまさに経営者、管理職の仕事と同じです。
  4. 参加者は「ラーニング・コミュニティ」となる
    ケースメソッド教育では、講師が一方的に講義をするのではなく、ファシリテーターとしてディスカッションに参加します。思考の「結果」より「プロセス」が重視されるこのラーニング・コミュニティで、参加者は共に思考を深めていきます。
  5. 志を同じくする仲間が見つかる!
    同じテーブルでディスカッションをした人は同志のような存在。会社や業界は違っても、似たような境遇で共感できる人と一緒に学ぶことで、辛いときにも支えあえる社外ネットワークができます。

【学習内容】
(1)マネジャー思考
(2)リーダーシップ
(3)限られた時間の「壁」を乗り越える力

【参加条件】
どなたでもご参加いただけます(男性の方、すでに復職した方、フリーランス、経営者の方など)。
また、0歳児に限り同席可能です。
(※プチMBAは、学位の出ないノンディグリー・プログラムです)

【お申込み方法・今後のスケジュール】
詳細はイベントページをご覧ください

【会場】

【WSIカリキュラムの特徴】
下記の1、2は他のビジネススクールと共通、3、4が弊社のユニークなポイントです。
1)カリキュラムはMBAの超基本科目を中心に提供しております。
2)経営者目線で考える思考トレーニングは全科目で意識しています。
3)概念をかみ砕いてわかりやすくして提供するBasic、一般的なMBAクラス並みのレクチャーとケースを扱うAdvancedの2段階のクラスをご提供しています。
4)一般的なMBAコースにはない思考系科目を丁寧にレクチャーすることで、ビジネス世界の常識を誰もが理解できるようになります。

株式会社ワークシフト研究所のプログラムの講師は、全て経営学修士号(MBA)保持者であり、慶應義塾大学ビジネス・スクールケースメソッド授業方研究普及室 認定インストラクターまたは ワークシフト研究所「ケースメソッド・インストラクター・トレーニング」を修了した者です。

法人定額プログラムについて

希望者だけを受講させることが出来るため、コストパフォーマンスに優れています。ゼロ歳児が同伴可能のため、育児休業期間というコスト期間を能力開発に充てることも可能です。社内だけでは不足しがちなロールモデルと出会う機会にもなります。年間50回前後、開催される研修プログラムにお好きな日程で何度でもご参加できます。(*今後は研修回数を倍増させる予定です)

【サービスの特徴】

【法人定額プログラム 料金表】
入会金(登録料を含みます)
社員数 50名未満 50名〜99名 100名〜299名 300名以上
入会金 50,000円 100,000円 200,000円 ご相談

 

ブラン別月額料金
プラン 2名様受講プラン
(1名増加ごとに14,000円)
5名様受講プラン
(1名増加ごとに12,000円)
10名様以上受講
月額料金 28,000円 60,000円 ご相談

※参加者は毎回異なっても構いません