リサーチ

長時間労働を評価するべからず

働き方改革をうまく進めるような、「人を大切にする会社」が、優秀な人材に選ばれるのは、論理的にも心情的にもよくわかる傾向だろう。
優秀な人材が集まれば必然的に企業の競争力は増す。逆に、働き方改革が進まなければ、それはすなわち優秀な人材の流出による競争力の低下を意味するようになる。

コメントなし

国保の論文掲載について

弊社研究所所長国保(静岡県立大学講師)が執筆した女性を管理職人材として育成する上での教育支援に関する論文「女性 […]

コメントなし

9/8開催【本気で女性管理職・リーダー育成をお考えの企業様限定】オープンセミナー

御社の「女性活躍」は進んでいますか? 多くの会社で女性管理職、リーダーの育成に関する様々な施策が行われています […]

コメントなし

 

コラム

「哲学対話」って何?

2019年5月14日から日本経済新聞で、「キセキの高校」という記事が 全5回 連載され、話題になりました。 偏 […]

コメントなし

女性の活躍の土壌となるのは「働きやすさ」

ワークシフト所長コラム2019年6月 前回のコラム(『なぜ女性は、入社後に昇進意欲を失うのか?』)では、やりが […]

コメントなし

神社はサービス業ではない?

アラフィフ 博士の経営学研究コラム Vol.4 こんにちは。ワークシフト研究所の講師 兼 研究員の小谷恵子です […]

コメントなし