「育休プチMBA 社内講師 養成講座」を開始

出産後に育児休業を取得、復帰する社員(男女)の数が増えてきており、復職者がいかに活躍できるか、活躍の環境をどう整えるかが、個人と企業双方に問われています。

しかしながら復帰しても、働く女性側には「時短トラップ」「マミートラック」「ぶら下がり化」などの両立の壁が存在し、復職後1年以内に退職する数は復帰した人の約50%以上とデータが示しています。

優秀な女性社員が育児と仕事を両立しながら能力を発揮するためには、組織構造を変えることも重要ですが、何より当事者である復帰者が意識を改革する必要があります。

現状では、育休復帰者のためだけに外部講師を呼んで研修をすることは、一企業として現実的に難しい課題であると存じます。

そのような人事部、ダイバーシティ推進部の方々からのお悩みにお応えする形で、弊社では「育休プチMBA」認定ファシリテーター制度を開始することにいたしました。
社員がファシリテーターとなり、社内で「育休プチMBA勉強会」を開催いただくことが可能です。

復職した御社の女性社員が「権利主張型」ではなく、上司と信頼関係を築く建設的な「組織貢献型」人材となり、両立しながら能力を発揮してもらうために、すでにのべ5000人が受講した弊社オリジナルの思考転換メソッドをわかりやすく伝授いたします。

<育休プチMBA 認定ファシリテーター 養成講座の内容> 
1)経営学の基礎講座 全12科目/1回2時間(集合研修)
マネジメント思考
リーダーシップ1
リーダーシップ2
マーケティング
財務諸表
ロジカル・シンキング
クリティカル・シンキング
交渉基礎編
交渉仕事編
意思決定
プロジェクトマネジメント
経営戦略
*MBAをお持ちの方、また、弊社の管理職プログラム管理職コース(12科目)を受講の方は、1)は免除となります。

2)ケース・メソッド養成講座 全3回/1回2時間(オンライン講座)
3)「育休プチMBA」勉強会にて実践 1回〜2回
実践前に2回講師がディスカッションの組み立て方を直接指導します。
当日は、講師によるサポート、およびフィードバックがあります。
4)修了証の授与
名刺に「育休プチMBA 認定ファシリテーター」と書くことができます。
社員の方向けに「育休プチMBA」勉強会を開くことができます。

詳しくは、7月13日(金)オンライン説明会にご参加ください。
参加申込みは下記URLから。

育休プチMBA認定ファシリテーター養成講座のオンライン説明会
https://peatix.com/event/390536/view

<育休プチMBAは商標登録済みです。>