外資系飲料メーカーにて「営業管理職向け 意識変革研修」を開催

2017年5月から10月にかけ、合計6回にわたり
外資系飲料メーカーにて営業管理職に対し、意識変革研修を行いました。

グローバル企業では会社で設定されたビジョンやコンピテンシーが明確であり、それらに沿って評価制度が作られます。

今回は、全世界で売り上げがトップにも関わらず、リーダーとしてのコンピテンシーが十分ではない、という企業さまの判断から、スーパー営業社員をまとめる管理職向けにリーダーへの意識変革研修を実施されました。

自ら数字を稼ぐことが得意な営業の方は、スーパープレイヤーであるが故にマネージャーになった時に大きな壁にぶつかります。
今回の研修では、自らが足を使って稼ぐ代わりに、チームで成果を出すための視点と思考を、理論とともにディスカッションを通じて「ワークシフト・メソッド」で学習していただきました。

約半年にわたり、研修を日々の業務に落とし込む課題も実践していただくことで、管理職に必要なヒューマンスキル、テクニカルスキル(専門知識)、概念化スキル(状況や変化を把握し、問題を発見し、解決策やビジョンを立案する能力)*1を獲得していただきました。

プログラム
第1回 マネジメント思考
第2回 人を育てるコミュニケーション
第3回 リーダーシップ
第4回 プロセス・デザイン
第5回 支援のための介入
第6回 変革のリーダーシップ

*1 Katz,1955

<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とし、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)を提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)女性管理職育成(ウ)生産性向上(エ)働き方改革(オ)意識改革(カ)介護・育児離職(キ)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)社内研修(ウ)女性管理職育成プログラム(エ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(オ)講演(カ)その他