国保作成の新ケース「株式会社クラシコム」について

弊社研究所所長 国保が作成したケース『株式会社クラシコム』が慶應義塾大学大学院経営管理研究科のケース教材として登録されました。

株式会社クラシコムは、北欧雑貨をはじめ、日常使いの道具などを販売するECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営する2006年創業の企業であり、創業1年目から社員全員が18時で退社しつつも毎年160%で成長を続けています。

このケースでは、同社のオペレーションや戦略を紐解きながら、企業の優位性、戦略的差別化、ビジネスモデル、人材育成、働き方改革などについて考察し、組織行動、人材資源管理について効果的に学ぶことができます。

国保は、株式会社クラシコムの青木社長に直接インタビューし、同社の働き方とビジネスモデルの関連性や人材資源の管理について、自身の著書『働く女子のキャリア格差』でも好事例として挙げております。

弊社では当ケースを使った「意識変革による働き方改革」のセミナーや研修も行っております。

お問い合わせは下記のお問合せフォームからお願いいたします。

※ケースはこちらからお求め頂けます。
慶應義塾大学大学院経営管理研究科のケース『株式会社クラシコム』
https://www.bookpark.ne.jp/cm/contentdetail.asp?content_id=KBSP-02702

※国保の著書『働く女子のキャリア格差』はこちらからお求めいただけます。

 

<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とし、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)を提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)女性管理職育成(ウ)生産性向上(エ)働き方改革(オ)意識改革(カ)介護・育児離職(キ)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)社内研修(ウ)女性管理職育成プログラム(エ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(オ)講演(カ)その他