育休プチMBA🄬:高知県主催 開催報告

高知県サイトに、育休プチMBA🄬の開催報告の記事が掲載されました。

高知家の出会い・結婚・子育て応援団交流会「育休プチMBA~育児と仕事を両立するための考え方を学ぶ勉強会~」を開催しました!(高知県サイト)

昨年度は会場でリアル開催、本年度はオンラインで2回(1/27、2/16)開催。
参加者からは以下のような感想をいただき大好評でした。


【参加者アンケートから】
・勉強会に始めて参加させて頂いたのですが、色々な方々の意見を交換する中で、自分の中に無かった考えだったり、賛同出来ることが沢山あったりと有意義な2時間でした。

・仕事上でも情報を共有することで、一人で抱え込まずに仕事が出来たり、持ちつ持たれつで協力することで勤務時間外の仕事が減ったりするのではないかと思いました。復帰するにあたって不安もありますがコミニケーションを日々大切にしていきたいと思います。

・ 自分では考えることのない視点からの意見や違う考え方を持つ人の話を聞けたりと、新たな発見があり刺激になった。
 今回学んだことを職場復帰に活かしていきたい。

・同じ立場のワーママたちと出会えて、これから大変なのは自分だけではないと心強くなりました。
講演も大変参考になったので参加してよかったと思います。

・今回のケースメソッドでは、働くうえで、それぞれの立場によって抱えている課題や悩みがあり、それらを他者に伝えることの重要性を学んだ。また、人の考えはそれぞれ違っていて、それを伝えるコミュニケーションの必要性を強く感じた。


ワークシフト研究所では、思考を変えるトレーニングを通じて働く人、働きたい人をサポートしてまいります。各種人材育成研修は研修ゴールによってアレンジ可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

<株式会社ワークシフト研究所とは>
株式会社ワークシフト研究所(代表取締役:小早川優子、所在地:東京都港区、以下ワークシフト研究所、https://workshift.co.jp/)は、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。育休中の女性を対象とした「プチMBA」の参加者は、累計10,000名を超えました。

実践的なケースディスカッションを軸とした「ワークシフト・メソッド」を用いた意識変革・組織改革を専門としており、「ビジネス×アカデミア」の交流を促進し、限られた時間の中で最大限の成果と、付加価値を創造する個人と組織を創ります。

    【ワークシフト研究所へのお問合せ】

    課題
    (ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

    興味のあるサービス(必須)
    (ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)eラーニング動画(ク)レンタルスペース(ケ)登記・住所利用(コ)採用・求人(サ)その他