育休プチMBA@大崎 開催決定!

「子供を持って働く」を当たり前にする「育休プチMBA」プログラムのご案内

育休プチMBA🄬とは、スムースな復職に必要な思考技術を得ることを目的とした育休者向けの勉強会です。これまで多くのメディアに取り上げられ、すでに2500名の育休者が参加しています。

この度、勉強会の内容や知見を元に、企業様ごとのお申込みをいただけるコースを企画いたしました。
御社の産休・育児休業中、または復職後の社員様のご参加をお待ちしております。

【プログラム内容】

日程 テーマ 学習内容
9/18(水) 西田はるかの職場復帰面談 面談を題材に自身のキャリアを考える
10/9(水) 復職して3ヶ月の井田美咲 復職後に起こりうるトラブルに備え、他者との連携、日常のコミュニケーション、働き方を考える
11/19(火) 岡村課長と定時後クレーム 上司、同僚、顧客の視点を捉え自身の役割、業務を考える

※いずれも時間は10:00 ~ 12:00(9:45 受付、12:00~13:00 ランチ交流会)
※持ち物 ・筆記用具・ご自身のランチ・お子様のお世話に必要なもの(ミルク、離乳食、おむつ替えシート等)

【開催場所】 〒141-8560 東京都品川区大崎 1-6-3 (日精ビル内 会議室)
【参加費】 1名 3 万円/3 回セット
(単発 1 回 1 万円でご参加もできますが、セット受講をお勧めします)

【参加要件】
・産育休中の父母(但し女性は産後の 1 ヶ月検診を受診後、順調に回復している方)
・産育休取得予定の妊婦
・育休後復職経験者の方で現在も就労中の方
・総合職・リーダー候補者
・評価される仕事をしたい人
・働き続けたい人
※育休プチ MBA🄬は産休前と同じ職場で頑張り続けたい人を応援します。

【定員】 40 名
【お申込み・問合せ先】 主催:株式会社ワークシフト研究所 info@workshift.co.jp 担当 宮武

【ご予約、お支払いおよびキャンセルに関して】
ページ内の「今すぐ申し込む」から申込フォームを入力いただくか、担当宛(info@workshift.co.jp)にメールでご連絡ください。

追って請求書を発行いたしますので銀行振込ください。
基本的にキャンセルは承れません。
参加者の変更は可能ですので、開催前までにご連絡をお願いいたします。

【お子様の同伴と会場のルールについて】
・感染症等にかかっている恐れのない生後 2 ヶ月以上、1 歳の誕生日の前日までのお子さまは同伴可能です。
・授乳やミルク、離乳食、おむつ替えはディスカッションに参加しながら会場で行っていただけます。
・オムツ等のゴミはお持ち帰りください。
※1 歳以上のお子様は安全上の理由から同伴いただけません。また、託児サービスの用意はございません。

「育休プチ MBA」の学習内容

(1) マネジメント思考 他者を使って物事を成し遂げるために必要な思考。
限られた時間の中で、効率的に他者の力をうまく借りながら成果を出すための思考が求められます。

(2) リーダーシップの構造づくり軸 効率的に成果を出すために必要な思考。
自分が貢献すべき組織の目的を理解し、必要な仕組みや人間関係をどのように作るべきかを考えて行動することが求められます。

(3) 両立上の「壁」を乗り越える力
限られた時間で業務を行う苦境をプレビューし、予め対策を検討しておくことで、いざというときにその力を発揮できます。

【ケースメソッド教育について】
ケースメソッド教育は、ビジネススクールで活用されている教育手法であり、
ディスカッシ ョンを通じて、実務で求められる考え抜く能力や態度を獲得することを目的としています。

人材を育成するには良質な経験を積ませること、とくに既存の知識や経験が通用しな いタフな環境での経験が有効であると言われていますが、ケースメソッドでは他者の事例 が描かれたケース教材を使って、疑似的に「経験」することで思考トレーニングを行いま す。
繰り返し(3 回以上)の受講で変化が現れはじめますので、継続受講を推奨してい ます。

【プログラム開発及びケース監修者】

国保祥子 

博士(経営学)。株式会社ワークシフト研究所所長、育休プチMBA®代表。静岡県立大学経営情報学部准教授。慶應義塾大学大学院・上智大学非常勤講師、早稲田大学WBS研究センター招聘研究員。2014年に育休期間に経営能力開発を行う「育休プチMBA®」を立ち上げる。著書に『働く女子のキャリア格差』(ちくま新書)、『人材開発研究大全』第20章女性管理職の育成(東京大学出版会)等。1児の母。

<株式会社ワークシフト研究所とは>
優秀な女性社員が活躍できる組織とは、当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とした ワークシフト・メソッドを用い 、女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)、管理職・リーダー候補の女性の人材紹介サービスを提供しています。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)人材紹介(ウ)女性管理職育成(エ)生産性向上(オ)働き方改革(カ)意識改革(キ)介護・育児離職(ク)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)人材紹介(ウ)社内研修(エ)女性管理職育成プログラム(オ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(カ)講演(キ)その他