「育休プチMBA認定ファシリテーター制度」を開始します(2018年9月)

2014年7月、育休中のワーキングマザーの声から始まった育休プチMBA🄬は、2018年4月に5期目を迎えることになりました。

育休プチMBA勉強会は、開始以降約100回を開催、2000名以上の育休者が参加しています。
昨今は、全国、海外からの依頼も増え、復職準備中の育休者の「学びの場、交流の場」となっています。
今後さらに増えるであろう、子供を持ちながら働く女性が、スムースな復職を実現するために、より多くの学びの場を作るべきだと考え、弊社が持つ教育手法と経験を生かす形として「育休プチMBA認定ファシリテーター制度」を設け、ファシリテーターを養成することといたします。

当制度は2018年9月に開始予定です。制度のご案内は改めていたします。

育休プチMBAは、「<子供を持って働く>が普通になる社会」を目指して今後も活動してまいります。

※育休プチMBA勉強会はワークシフト研究所のCSR部門です。
WEBサイトはこちら。
ファシリテーター制度については下記フォームから、もしくはinfo@workshift.co.jpにお問合せください。

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題
(ア)人材育成(イ)女性管理職育成(ウ)生産性向上(エ)働き方改革(オ)意識改革(カ)介護・育児離職(キ)その他

興味のあるサービス(必須)
(ア)コンサルティング(イ)社内研修(ウ)女性管理職育成プログラム(エ)育休プチMBA(育休・復職者対象)(オ)講演(カ)その他