ホームNEWS & COLUMNS 【セミナー開催報告】 「本気で女性管理職・リーダー育成」オープンセミナーを開催

【セミナー開催報告】 「本気で女性管理職・リーダー育成」オープンセミナーを開催

2017.09.12

NEWS

9月8日(金)、ワークシフト研究所は
「本気で女性管理職・リーダー育成をお考えの企業様限定 オープンセミナー」を開催
13社15名の方にお集まりいただきました。

女性管理職、リーダーの育成の必要性が高まり、
多くの企業が多様な働き方を支援する制度を拡充していますが、
「当事者である女性」や「管理者」の意識変革が進まないことに課題を感じています。

セミナーでは、代表取締役社長小早川より、
女性活躍の阻害要因を、制度・環境面、当事者の意欲、文化的バイアスの観点から定義するとともに、
阻害要因を踏まえた活躍支援の施策、有効な教育トレーニングについて提起いたしました。

続いて、ワークシフト研究所が独自に開発した
育休後に職場復帰をした女性社員を取り巻くケースを用い、
「マネジメント思考を鍛える」教育プログラムを実際に体験いただく時間を設けました。

通常のプログラムよりも短い時間の議論となりましたが、
参加企業の皆さま間での活発な議論、解決に向けた積極的な意見交換がなされました。

<プログラム>

1 なぜ、女性は管理職を志望しないのか
2 女性社員を育成するためにすべきこと
3 弊社アンケート結果から見る女性の意欲変化
4 実際のプログラムをご体験
5 2017年ー2018年 プログラムのご案内
6 質疑応答

優秀な女性社員が活躍できる組織とは、
当事者の女性だけでなく、すべての社員の能力が発揮できる組織であり、
それは、生産性が高く、イノベーションを生み出す組織となります。

ワークシフト研究所は、実践的なケースディスカッションを軸とし、
女性管理職・リーダーの育成、企業の働き方改革を目的とした各種コンサルティング、
教育トレーニングサービス(法人向け・個人向け)を提供しています。

本セミナー内容・サービスに関するお問い合わせ:
株式会社ワークシフト研究所
info@workshift.co.jp

または以下の問い合わせフォームにて

【ワークシフト研究所へのお問合せ】

課題

興味のあるサービス